忍者ブログ

NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード たかまま氏監修

NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード たかまま氏監修

NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード たかまま氏監修

NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード たかまま氏監修


「誰でも簡単!」
「あなたも1週間でプロトレーダー」
「億!億!億!億!」。

そんな甘い言葉があふれる情報商材業界にあって、
この販売ページは少し意外だったかもしれません。

「1週間で稼げるようにしてくれないなら他にいくよ」
と思われた方には、

「申し訳ございませんが他の情報商材をお探しください」
とお話するしかありません。


しかし、
例え販売することが難しくなっても、
嘘、偽りで固めた甘い言葉で
ご購入者様を騙すようなことはしたくないのです。



確かに、トレードの学習と山登りは似ています。

けっして楽な道ばかりではありません。
技術も装備も必要です。

そして何より大切なのは、
「登る」という本人の意志です。


しかし、
このけっしてラクではない山登りを、いやいややっている人はいません。

みな、楽しくて仕方がないのです。

そして、
例え山頂に通じる自動車道やロープウェイがあっても、
登山者にとってはそれを使うことには意味がありません。

自身の足で登ってこその経験値であり、達成感が味わえるのです。


⇒NIKKEI着々225 スイング&デイトレトレード


よくある質問Q&A

Q,おすすめの証券会社は?

A,とくにございません。ただし着々225の実践には5分足チャートが表示でき、テクニカル指標ではボリンジャーバンド、移動平均線、MACD、ストキャスティクス(スロー)が表示できるツールが必要です。
こちらは、楽天証券、松井証券、SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券、カブドットコム証券、マネックス証券が提供するトレードツールにて、「着々225」が実践可能であることを確認しております。
着々225本編では、代表的なトレードツールとしてSBI証券の『HYPER SBI』を例に、チャートの設定方法、注文方法を図解入りで丁寧に説明しています。なお、着々225で必要な設定方法以外の使用方法に関するサポートは行なっておりません。『HYPER SBI』を含む、各トレードツールの使用方法についてご不明な点がございましたら各証券会社のサポート窓口にお問い合わせください。
※上記の証券会社以外のツールをご利用の場合には、証券会社のサポート窓口にてボリンジャーバンド(期間20本)、移動平均線(5本、25本)、MACD、ストキャスティクス(スロー)の表示が可能であるかをご確認ください。


Q,年齢制限はありますか?

A,未成年者の場合は、「先物・オプション口座」の開設ができません。また、満75歳以上の方の場合は、新たに「先物・オプション口座」を開設することができません。すでに開設済みの口座については、75歳以降も引き続きご利用いただくことが可能です。


Q,購入後にどんな質問にも答えてもらえますか?

A,丁寧なサポートを心がけております。着々225に関するご質問であれば、なんでもご質問ください。また、日経225先物についてのご質問も、可能な限りお答えして参ります。ただし、現在が「買い」か「売り」かという、投資助言にあたるアドバイスはできませんので予めご了承ください。
また、確定申告、納税に関するアドバイス、サポートは行っておりません。



⇒日経225先物 スイング&デイトレトレード


常勝トレーダーの山の頂きへは
ロープウェイでラクに登る方法はありません。

私たちはこの山頂への登山ルートを開拓し、
いまその地図を皆様に公開させていただきました。


およそ巷に多く出回っている投資マニュアルの類は
美しい山頂の写真を見せて

「すごい山でしょう」
と誇らしげに見せてくれるものの、
その山頂への登山ルートはあいまいなものでした。


「誰でも簡単に登れますよ」
と甘い言葉でささやかれたものの、

実際に登ろうとしたらろくな地図もなく、
危険な山道で遭難してしまった、
という方も多いのではないでしょうか。


着々225は「誰でも簡単に登れます」などという言葉で
登山者(トレーダー)を危険にさらすことはいたしません。


山の危険をしっかりと伝え、
その危険を克服する技術を伝える本です。

そして山に登るのはあなた自身なのです。

ぜひ着々225を理解していくことを楽しんでください。

毎日、シミュレーションを楽しんでください。

そして、常勝トレーダーだけがたどり着ける山の頂きに、
ぜひあなた自身の足で立ってください。

そこにはきっと、
あなたの未来を明るく照らす絶景が待っていることでしょう。

詳しくはこちら

NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード たかまま氏監修








NIKKEI着々225 日経225先物スイング&デイトレトレード
PR